安藤 (グルメ そば)
 3.5 | 料理・味4.5 4.5 | 雰囲気3 3 | サービス3 3
 

PR
住所東京都杉並区浜田山3-34-25
(浜田山駅[出口]から徒歩約2分)
TEL03-3306-0295
営業時間11:30〜20:30(閉店21:00)
T16席、座敷16席
特徴
駐車場
駐車場 駐車場
金額平均 夜 -
昼 - 
初投稿者 カラカラさん
※お店関係者の方へ、各情報は店長登録(無料)をすることで編集できます。
このクチコミを評価する 36
2016年02月17日 17:28

カラカラさん
17歳、男  
 3.5 3.5    料理・味  4.5    雰囲気  3    サービス  3 
¥2,000 〜¥2,999   最終訪問日 2015年12月   ( ファミリーで  )
味はコシ、風味あり、うまいそばだが、なんせ量が少ない。
いやいや、驚く程少ない。そして、高い。
こんな蕎麦屋は初めてだったので、ある意味衝撃でした。
また行きたいとは、思いませんが
量が増えたら、また行きます。
それよりも、自動車優先で作られた交差点で車を楽に走らせる為に自転車や弱者が長い階段を登らされる歩道橋とかの方がよっぽど頭に来ます。***********************************************************************善福寺川の河川敷工事に出くわし回り道をしていたら、幡ヶ谷のお蕎麦屋さんに着い時には2時半をまわってしまっていた。こらやダメだと思ったら案の定、暖簾はしまわれていました。折角来たのでビアンキの状態だけで ...
2008年03月26日 19:47
浜田山 「安藤」
 hyakute.com
お昼を取る時間もなく、あれこれと所用を済ませ、永福町でのレッスンを終えたらお腹がぺこぺこ 。すでに3時。近くにある大好きなお店も3時ではお仕舞いになっているはず・・・と、久々に浜田山のお店に寄ってみることに。コンクリの壁に囲まれ、楚々とした佇まいは相変わらず。それでも、中休みなく営業していてくれるのが、何よりもうれしい。浜田山「安藤」
2007年08月30日 21:49
浜田山 「安藤」
 hyakute.com
昨日の雨がまだ細降る今朝は、なんだか肌寒い。暖かい蕎麦が食べたいな〜…と、なんだかずっと朝から頭を離れない。永福町に向かいながら、前回頂いた「かけそば」が美味しかった思い出がふとよぎり、「浜田山」で途中下車。降っているんだか、やんでいるのか分からないような、変な天気の中、「安藤」さんへ…。変わらぬ、コンクリ壁の殺風景とも言えそうな佇まい。それに掛かった民芸調の暖簾と、その後ろの木の扉がそれに暖かさをほっとかもし出している、不思議なバランス。浜田山「安藤」
仕事で渋谷に寄った帰り、京王井の頭線「浜田山駅」で下車し、北口から徒歩2分の「手打ちそば安藤」へ。この少し先の西友裏には「そば光林」があるが、この日は、「5」さんのブログ「BグルMAN?」(http://blogs.yahoo.co.jp/fj_poseidon/46935318.html)のリポートに刺激され、安藤を訪問した次第。店内は、コンクリート打ちっ放しで暖炉も設えてあり、左にカウンター席、右に4人がけ1卓、6人〜8人がけの大テーブルが2卓。さて、まったく記憶 ...
2007年02月02日 20:25
浜田山 「安藤」
 hyakute.com
永福町での用事を済ませると、初めて空腹なのに気づく。なんやかんやで、移動しながらテイクアウトしたモスのココアだけで、お昼を食べていなかった・・。ということで、途中下車して、久しぶりに山田山の「安藤」を訪れてみることに。うれしいこちらも、中休みなしのお店。午後4時・・。初めて訪れた時は、斬新な新しさを感じたものだけど、今となったら、立派な老舗の域に入ってると言えそう。相変わらず、殺風景なコンクリ打ちぱなしのお店に、風が強くて暖簾も、踊りまくってる・・・。「手打そば安藤」
浜田山にある「そば安藤」へ年越しそばを食べに出掛けました。こちらはコンクリート打ちっぱなしのモダンなおそば屋さんです。店内も暖炉に骨董、BGMはジャズ というちょっと小粋なお店です。本日は「うめだれ」(735円)と枡酒(525円)を注文です。「今日はちょっとお待たせしますよ〜 いい?」と安藤のおばちゃん。それならばと枡酒を注文してゆっくり待つことにいたします。ヒノキの香りとともにいただく日本酒。んも〜たまりません!塩を飲み口にチョロッとのせてグビグビいっちゃいます。お ...
2005年06月22日 21:21
浜田山 「安藤」
 hyakute.com
永福町に向かう途中、お昼どうしようか・・と思い、そういえば・・・久しく行ってなかった・・と、浜田山の蕎麦を思い出して。一時は、結構通ったのに、最近は浜田山は通過点にしかなってなかったから。。雨も降ってるし・・久しぶりに行ってみよう。駅を出て、まっすぐ。西友を超えたら左のわき道に入るとすぐ。看板が見えて・・・コンクリート打ちっぱなしの、あまり蕎麦屋とは見えない趣の、無機質なお店。手打ちそば「安藤」
2008年09月28日 21:47
安藤(浜田山)
 バナナな日々
浜田山といえば「安藤」ですよね。ご紹介しておきます。コンクリートの打ちっ放しのモダンな店がまえ。のれんをくぐると、おばちゃんたちの「いらっしゃいませ〜」の声が昔ながらのお蕎麦屋さん。上の棚にはなにやら古い道具が飾られています。何?あれ?お客さんたちも昔なじみの常連さんらしく、年配の方から家族連れまで、親しげにご挨拶。こちらは「鴨せいろ」がお勧めだそうですが、まだ頂いたことはありません。濃いお茶が美味しいです。最初はやはり基本の「もり」すこしグレーがかったお蕎麦そのまま ...
2010年05月15日 23:28
浜田山 「安藤」
 kosodate.ch
学生時代からの友人の、日舞の舞台を見に、今日はお出かけ 。艶やかな舞姿「牡丹」を鑑賞し、久しぶりに会うのもうれしい。が、昼すぎからの出番の為、お昼を食べずに向かったので、すっかりお腹もすいてきた…。午後2時半すぎ。この時間で食べられるお店、中休みの無いお店…幾つか頭の中を過り、そういえば、久しぶりにあの蕎麦が食べたい。と、等々力から一路、浜田山を目指して…。生活感がありながら、どこか柔らかく優しい街並み、浜田山。この街はいいなあ、とゆっくり歩くも程近く。商店街から路地 ...
渋谷での所用が思ったより手間取り、気づいたら既に3時過ぎ。渋谷でこの時間だとすると、「しぶそば」かな、とも思ったが…、そうだ、井の頭線に乗って「浜田山」だ。中休みのない「安藤」さんに、久しぶりに行ってみよう〜乗ってしまえばすぐ、降り立った浜田山駅は、そろそろ夕飯の準備か、買い物客で賑わい、家庭のぬくもり溢れてる。そんな西友前のメインストリートをゆっくりと歩き…ちょっと入った静かな路地の中程に、程なく見えてくるコンクリ壁。真ん中にはめ込まれた木の格子扉には、ほのぼのと木 ...